不動産登記 商業登記のことなら 司法書士土地家屋調査士金田剛事務所へ

建物の表示に関する登記

  • HOME »
  • 建物の表示に関する登記
  • 建物表題登記

住宅などを新築した時は、建物の建てた場所(位置)、その建物の構造(木造とか鉄骨造とか)、その床面積(1階、2階のそれぞれの床面積)を登記しなければなりません。建物を調査して、図面を作成して建物表題登記の手続きを行います。

  • 建物床面積変更登記

住宅などを増築した時に、増加した部分を調査して、図面を作成して登記の手続きを行います。
原則、変更があった日から1ヶ月以内に建物表題部変更登記の申請を行なう必要があります。

  • 建物滅失登記

登記されている建物が、古くなったり不要になって建物を取り壊した時には、その建物の取り壊したことを登記しなければなりません。
原則建物が滅失した日から、1ヶ月以内に建物滅失登記の申請を行なう必要があります。

お気軽にお問い合わせください TEL 0154-42-7185 月曜日~金曜日 9時~18時 土・日・祝日休

PAGETOP
Copyright © 金田剛事務所 All Rights Reserved.